オルビス ダイエット ティー

オルビスのダイエットティー

オルビスのダイエットティーには、
陳香プーアール茶と桂花潤香茶の2種類があります。
それぞれの特徴と目的を紹介します。

陳香プーアール茶

陳香(ツンシャン)とは、ハイグレードなプーアール茶の証しなんだそうです。
芳醇な香りとまろやかな味わいが特徴で、胃腸にやさしくノンカロリーです♪

茶成分が浸出しやすい若葉だけを使用し、独自の焙煎方式で香ばしく、まろやかな味わいに仕上げています。
嬉しいのは、没食子酸(ボッショクシサン)という成分がダイエットをサポートしてくれるという事。

脂っこい食事や高カロリーの食事の時に一緒にいただくといいですね♪

桂花潤香茶(ケイカジュンコウチャ)

甘く香るお茶が、ダイエット中のストレスを癒してくれますよ♪

香りは桂花(ケイカ)、癒しのジャスミン茶、上品な鉄観音(テッカンノン)烏龍茶を厳選してブレンドしています。
さらに、美容成分ロースヒップにダイエット成分ギムネマエキスも配合されています。

何杯飲んでもノンカロリーですし、ダイエットの効率も上げてくれますね♪



ダイエット中の水分補給やイライラ解消に
>>>オルビスのダイエットティー

ダイエットティーは授乳中も大丈夫?

基本ダイエット食品は、妊娠・授乳中の利用はおすすめしていないそうです。
でも、間食としての利用は問題ないそうです。

気になるカフェインですが、桂花潤香茶には、烏龍茶など原料由来のカフェインが含まれています。
カフェインの入る飲み物で、同じ抽出液200g中の量で比べてみます。

  • 烏龍茶・煎茶    40mg
  • 紅茶        約60mg
  • レギュラーコーヒー 120mg
  • 桂花潤香茶     30mg
他の飲み物と比べると控えめになっていますね。

一方、陳香プーアール茶は、3年という長い発酵期間と、黒麹菌の作用により他のお茶に比べてカフェイン量は少ないそうです。
同じ抽出液100g中のカフェイン量で比べます。
  • 煎茶       約20mg
  • 紅茶       約30mg
  • 陳香プーアール茶 4〜15mg
他と比べると、かなりカフェインは少なめですね。

コーヒーや紅茶を飲むなら、ダイエットティーの方がおすすめですね。



ダイエット中の水分補給やイライラ解消に
>>>オルビスのダイエットティー

ダイエットの成功は?

ダイエットティーを使ったブログの感想やクチコミを紹介します。

陳香プーアール茶

「プーアール茶のくせや苦味が無く、飲みやすいです♪やかんで大量に作って飲んでいます。値段も安いので、続けやすいです。」
「お湯を注いで作っています。ティーパックタイプは簡単で便利です♪水出しに一度挑戦しましたが、上手く色が出ませんでした。薄かったです。アイスで飲む時は、お湯からの方がおすすめです。」
「ホットでもアイスでも、美味しくいただけます。食事の邪魔にならない味で、さっぱりしますよ♪正直ダイエット成功とはいきませんが、美味しいので長く愛飲しています。^^」
「ダイエットの成果は、はっきりわかりませんが、脂っこいものや高カロリーのものを気にせず食べて、体型が維持できているのでお茶のおかげかな〜と思っています。」

桂花潤香茶

「なんとも言えないいい香りで癒されます♪贅沢なひと時でリラックスできるのでいいですよ!毎日飲むのはもったいないので、プーアール茶も飲んだりしています。」
「飲み始めてから、トイレの回数が増えました!得用だとお値段もお手ごろなので、おすすめですよ♪」
「ジャスミン茶は臭いがきついので苦手でしたが、こちらは丁度良く、とてもいい香りで癒されました♪気分転換にとてもいいと思います。おすすめです!」
「ウーロン茶の苦味がきいています。ウーロン茶好きの方にはいいでしょうが、苦味が苦手な方は合わないかも。好みで分かれるかも知れませんね。でも、香りはとてもいいので、リラックスできますよ。」
「間食したくなった時、飲んでその場をしのぎますw。甘い香りに落ち着いてくるので、いい方法を見つけたと思います。^^」
ブログやクチコミからは、あからさまにダイエットの成功につながっている様子は見られませんが、ダイエット中に必要な水分補給やカロリーの摂り過ぎなどを抑制してくれているみたいです。

あくまで、サポート的な役割をしてくれているみたいですね。



ダイエット中の水分補給やイライラ解消に
>>>オルビスのダイエットティー